看護師の透析業務に求められるスキル

透析看護師のメイン業務とは何なのでしょうか?

看護師の透析業務に求められるスキル

看護師の透析の仕事は他の診療科目と異なる技術を必要とする事も多く、新しく覚える事も増えます。どのような科目で臨床経験があると透析の仕事に役立てられるのか、知りたいという方もいると思います。透析でメインになる業務は穿刺と抜針、止血の3つです。

この中で特に重要度が高いのは穿刺で、患者さんに心配や不安を与えないように業務を行う必要があります。また、患者さんとの信頼関係にも繋がってきます。

これから透析業務を始めるという看護師の方は、他の診療科目で穿刺を多く経験しておきましょう。外来だと少ない事が多いので、他の業務でスキルを身に付けておきましょう。

また、上記3つの業務の他にも看護師の行う仕事はあり、患者さんへの健康面のサポートも主な仕事になります。健康について患者さんの相談に乗ったり、アドバイスをしたりという事が主な内容になります。仕事の中で、一人の患者さんと時間を取って向き合うという事も多くなります。

患者さんと接する業務は、他の診療科目でももちろんあるため、ここは今の業務をこなしていく中で身に付けておきましょう。他にも透析の仕事には細かな業務も多くあり、最初はやはり戸惑う事も多いです。

透析の仕事に就いたら、実際の業務の中で覚えていく事も多いので、最初のうちは経験と考えて、早く業務を覚えられるように頑張っていきましょう。研修などにも参加する必要も出てくる可能性もあります。

また、採用の際ですが、特定の診療科目での臨床経験を求められる事もあります。多くの場合、その科目での2~3年の臨床経験が必要になってくるので、その病院の透析業務に就きたい場合は、自分のキャリアを確認しておきましょう。

現在は高齢化も進んでおり、透析を受ける患者さんは今後ますます増える事が予想されています。今から透析の業務を一通りこなせるようにしておくと、これからの時代の流れにも対応していけるので、身に付けるのも良い選択肢です。